[Sブラックラグーン4]

設定56濃厚台10000G実践結果
設定56特徴
設定4特徴などなど

こちらから
スポンサーリンク

Pキャプテン翼雷獣ver実戦した結果|止め打ち|オーバー入賞|平均出玉|消化時間

スロ設定判別

設定付きアマデシパチンコPキャプテン翼-雷獣バージョン-

を実戦していました。

ミドルも打ったことがなかったので

キャプテン翼自体が初打ちです。

機種情報、ボーダーなどはこちら↓

キャプテン翼雷獣バージョン

実戦開始

今回実戦した店舗情報は、、

実戦店舗情報
交換率3.57円28玉交換
Pキャプテン翼雷獣ver3台導入
店舗傾向設定付きパチンコで456を入れている
貯玉最プレイ最大2500玉
貯玉数2500玉あり

今回は夕方から2回実戦してきました!

現状設定判別は大当たり確率とトントントロフィーとなっています。

特に大当たり確率は、いつでも確認できて設定差も大なので重要となります!

(お店によってデータ表記が違う可能性あるので注意!)

スポンサーリンク

設定別大当たり確率

設定通常時確変中全状態合算
11/139.731/45.95約1/81
21/133.201/43.80約1/77
31/128.001/42.09約1/74
41/119.801/39.40約1/70
51/109.041/35.87約1/63
61/95.811/31.50約1/55

合算確率が設定1〜6で

1/81〜1/55

とかなりの設定差が設けられています

スロットのチェリー確率などで考えると、かなりの設定差で

低設定が早めに見切れるレベルですが

パチンコなので

  • 通常時回転数を稼ぎにくい
  • 確変時と通常時が分かりにくい機種がある
  • 確変に偏ると合算が良くなる

と難しいポイントもあります

総回転数が多いほど合算に近付いて行くので

後ヅモの場合は総回転数と合算確率を目安に設定を探すのが良いかとおもいます。

今回実戦したキャプテン翼雷獣verは

時短必ず100回は付いて高ループなので

電サポ割合が高く

かなり総回転数を稼ぎやすいので

合算での設定判別向きの機種と言えそうです。

実戦1回目

いざ実戦!

新台2日目の夕方に行ってきました。

新台初日が全台3300回転を超えていて

大当たり合算が(仮に3台をABCとしておきます)

A台1/63、B台1/52、C台1/79

となっていました。

設定456を入れてくれてそうです(° ° )

当日はだいたいですが、、、

総回転数大当たり回数合算稼働状況
A台500空き台
B台1000211/47.6稼働中
C台50031/166.6空き台

こんな感じでした
なかなかの稼働の少なさ( ˙-˙ )

真ん中が良い感じですが稼働中なので

前日良かった+今日回ってないA台を打ってみることにしました。

早速当たったのですが、、

サンセイの台かなり久しぶりに打ったけど、、、

ボタンバイブ!小次郎役物!台役物!

とかなり激しいですね

他の台なら確定レベルな騒がしさで普通にハズレます( ˙-˙ )

しかしながら日向小次郎役物の裏に

まさか翼君が居たとは!

出てきた時は感動しました!

その後、実戦の方はというと

初当たり
回転数
初当たり
内容
連チャン数連内容
10R4R
50回転から実戦開始
754R通常2連02
1244R通常単発01
13110R確変17連107
2164R通常単発01
16610R確変4連31
308ヤメ

初当たりが早く連チャン中も100回転数を越えずに合算が1/52となっていましたが、

最後の4連で確変中150ハマり(設定6ならば約5倍ハマり)をくらって

通常時308ハマりで合算が1/66となり

残り時間も少ないのでヤメました。

1回目実戦結果

稼働時間4時間30分
回転数
19000円分計測
400回転
千円辺り
21.05回転

通常時回転数470回転
総当り回数28回
通常時初当たり確率
(初当たり5回)
1/94
平均連チャン5.6連
平均出玉
152R分計測
6680玉
1R辺り
43.947玉

オーバー入賞狙わず
収支投資375玉
回収2375玉
+7143円

実戦2回目

再び別日の夜、同じお店へ

総回転数大当たり回数合算稼働状況
A台180001/52稼働中
B台1500211/47.6空き台
C台100091/1/111.1稼働中

この日はなかなかの稼働

しかも1番の良台が空いている!

ということでB台実戦開始。

立ち上がりが厳しく貯玉2500は尽き

早速現金投資( ˙-˙ )

しかしその後!、

初当たり
回転数
初当たり
内容
連チャン数連内容
10R4R
151回転から実戦
2714R通常単発01
1464R通常単発01
23910R確変21連138
166ヤメ

怒涛の連チャン!10Rもよく引けてプラス域に!

合算は良かったのですが残り時間も考えて勝ち逃げしました。

2回目実戦結果

稼働時間3時間30分
回転数
14000円分計測
318回転
千円辺り
22.71回転

通常時回転数371回転
総当り回数23回
初当たり確率
(初当たり3回)
1/123.67
平均連チャン7.67連
平均出玉
176R分計測
7580玉
1R辺り
43.068玉

オーバー入賞狙わず
収支
(現金分も玉にしています)
投資3125玉
回収6116玉
+10682円

実戦止め打ち、オーバー入賞

止め打ち

右打ち時は基本的に減るので無駄を無くすために止め打ちは必須といえます。

止め打ちは
閉じた瞬間に2発打ち出し

で今回実戦していました

電サポ大当たり
総出玉
サポ増減込み
総出玉
電サポ中増減
(1回転辺り増減)
21連消化7240玉7180玉-60玉
(-0.0408玉)
17連消化4850玉4790玉-60玉
(-0.0504玉)

やはり減っているのでリーチなどでは打ち出し止めるのが無難かと思われます。

今回の実戦ホールはスルーが良かったのですが

スルー悪いと電サポ滞在率も高いのでかなり痛いと思います。

オーバー入賞

今回オーバー入賞は狙いませんでした

理由としては

  • アタッカーの反応が良く閉まるのが速い
  • 無理にオーバー入賞狙っても賞球が5玉

ので狙いませんでした。

特に賞球5玉なのは大きくて

オーバー入賞決まっても

増えるのは入賞する1玉を除いた4玉

ということはオーバー入賞を1/4決めても、ほぼトントンなので(賞球口もあるので1/4決まるならちょい+)

かなり厳しいです。

逆に賞球10玉以上の台ならば、オーバー入賞難しくてもやる価値はあります。

連チャン消化時間

連チャン数消化時間
21連2時間2分
17連1時間16分

かなり遅いですね( ˙-˙ )

当たり演出、ハズレ演出、ラッシュ突入1回転目なども全て長く

高継続出玉少な目でこのスピードは微妙ですね。

高設定を掴んでも夜からは

取り切れない可能性が高くなるので

ヤメ時に注意です。

実戦での設定判別

判別要素が少なく分かりにくいですが

高低なら現状でも分かりそうです

後日データ確認で

▽実戦1回目

総回転数2180回転
総大当たり回数32回
大当たり合算1/68.125
推定設定4か5

▽実戦2回目

総回転数2982回転
総大当たり回数58回
大当たり合算1/51.413
推定設定5か6

と予想できます。

合算は1000回転程度では荒れることも多いですが

3000回転近く回っていると設定にかなり近付くと思います。

トントントロフィーですが銀色だけ確認できました。

1回目実戦0/5

2回目実戦2/3

で銀色が出現しました。

あと、左下のゲーム数とコンボ数が赤くなる事が良くありました(写真は通常)

連続で赤くなったりしましたが

大当たりや強めの演出には絡んでこなかったので

設定示唆の可能性も、、

しかし連続で赤くなったり単発だったり

法則性が良く分かりませんでしたので

設定判別要素なのかは分かりませんでした。

無駄記事

キャプテン翼は原作読んでいたので

なかなかパチンコ実戦も面白かったです

中でも

この演出!!

ボールに乗ってスイッーーっとドリブル!?する演出!

たしか翼が海外で活躍する話がヤングジャンプで連載していて

正直海外編イマイチだったのですが、なんだかんだ読んでました。

しかしながら、、

この技を漫画で見た時

「あっ、、もう読むの辞めよ、、」

とキャプテン翼を読むのを辞めた記念すべき演出です( ˙-˙ )

パチンコで見た時

懐かしさと感動と共に

「試合中に、この技を使ってる!!」

と少しだけ、また原作読みたくなりました(° ° )

コメント

タイトルとURLをコピーしました